配信日時 2020/07/09 07:54
差出人 萩市防災メール
件名 山口県気象情報
本文
大雨と落雷及び突風に関する山口県気象情報 第2号
令和 2年 7月 9日05時30分 下関地方気象台発表

(見出し)
山口県では、これまでの大雨により地盤が緩んでいる所があるため、土砂災
害に警戒してください。また、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻な
どの激しい突風に注意してください。

(本文)
 九州にある梅雨前線は、9日夜には対馬海峡付近まで北上して停滞する見
込みです。九州北部地方では、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む
ため、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
 このため、山口県では、9日夕方から再び局地的に雷を伴った激しい雨が
降り、大雨となるおそれがあります。これまでの大雨により地盤が緩んでい
る所があるため、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあります。土砂
災害の危険度が高い状態は11日にかけて続く見込みです。また、落雷や竜
巻などの激しい突風のおそれもあります。
 
<雨の予想>
9日から10日にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 西部 40ミリ
 中部 40ミリ
 東部 40ミリ
 北部 40ミリ

9日6時から10日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い
所で、
 西部 80ミリ
 中部 100ミリ
 東部 100ミリ
 北部 80ミリ

11日6時までに予想される48時間降水量は、いずれも多い所で、
 西部 200から300ミリ
 中部 200から300ミリ
 東部 200から300ミリ
 北部 200から300ミリ
 
<防災事項>
 土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激し
い突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、
建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

 今後、発表する警報や注意報、竜巻注意情報、気象情報などに留意してく
ださい。
 土砂災害や浸水害、洪水の危険度分布に関しては、「気象庁ホームページ
」などを確認してください。